緑茶治療で水虫が治らない女性にお勧めケトコナゾール

水虫に悩んでいる女性の数は多いのですが、病院に行くのが恥ずかしいと思い、緑茶治療で何とかしようとする方が少なくありません。
水虫の原因は白癬菌ですが、それほど強い菌ではないので、熱などでも簡単に殺菌できますし、民間療法の一つとして、緑茶治療も知られています。
皮膚の奥深くまで白癬菌がもぐりこんでいると、治るのに時間がかかりますが、皮膚の表面だけなら、水虫を退治するのもそれほど難しいことではありません。
緑茶治療というのは、患部に直接緑茶の葉や抽出成分を触れさせることなので、飲んで治すわけではありません。
緑茶にはカテキンが含まれていますが、これには白癬菌を退治する効果があるという説があるので、緑茶をタオルに染み込ませて患部を拭いたり、緑茶を洗面器などに入れて、足をつけると治ることがあります。
もちろん使ったタオルや洗面器はすぐに洗って殺菌し、他の家族に感染しないようにする必要があります。

初期の水虫の場合は、緑茶治療で治る人もいますが、症状が重い場合は効果がないので、そんなときはケトコナゾールを使うようにしてください。
皮膚科で診察を受ければ処方してくれるので、なかなか治らない水虫はケトコナゾールで治すことをおすすめします。
水虫を薬で治療している女性は多いので、お医者さんに診てもらうのを恥ずかしがることはありませんし、市販薬よりもよく効くので試してみるようにしましょう。
ケトコナゾールはイミダゾール系抗真菌薬という種類の薬で、真菌には非常に効果が高く、これを塗れば、辛い水虫の症状がなくなります。
皮膚科で処方してもらうことも出来ますが、個人輸入代行通販からも買えるので、誰にも知られずに水虫の症状を改善したい女性は、注文するようにしましょう。